FC2ブログ

ucchiee

ucchiee

 思ったよりも暑かった。前日の休み明けには少々辛かったのか、CBのK君、熱中症になり、近くの病院で点滴を受けることに・・・・・


ということで、キャプテン不在のまま、大一番を迎えることに。キャプテンシーの強いK君も先発から外れたため、なんと愚息2号がキャプテンとして出場。


前に一度だけ見たことがあるが、ホント何時以来か覚えていない程、久しぶりです。キャプテンとしてやってけるのか?少し不安になりながらも、ちょっと期待する私がいました。


試合前の練習でも1,2年生に声を上げて指示している愚息を見るのは初めてだったので、少し緊張してしまいました。相手は1試合開いての戦い、ウチのほうが2試合あく分有利です。すべての運を味方にしてやってくれることを祈るばかりです。

 そして試合開始。最初から全開でした。いつものように前線からボールを奪い、ゴールを狙う、いつものパターン。作戦かどうか知らないが、愚息は少し後ろ目での前半でした。まぁ失点したくないからね。

絶対的CBの不在も大きい。チャンスはお互いあったが決められず、0:0のまま前半終了。

_ASC1396.jpg


運命の後半スタート。時折サイドをえぐっての駆け上がりでCKを何本かもらうが、決めきれず。相手側10番のCBに尽く跳ね返されていました。そしていつの間にか気がつくと、愚息も段々前よりにいき、ほとんどTOPでボールをはっていました。

_ASC1382.jpg


段々中盤でのボール回しを省き、ゴール前にボールを早く送るような形になっていきました。そこで何度か10番同士の戦いが繰り広げられていました。

 そこには10番の重みがありました。今大会10番を背負う事が出来て本人はかなりのプレッシャーを感じてたはずです。前回大会後、10番から外されていました。まぁその時は外されてもおかしくないガラスの10番の状態でした。何試合かの試合に欠場して、大事なところで怪我(腰痛、捻挫等)をしてチームにすごく迷惑をかけていて、思うようにならない自分の体と心のアンバランスから言動も少しぶっきらぼうでした。


その時にかわした会話で

パパ 「10番じゃなくなって悔しくないか?」

愚息 「10番だと相手のチェックが厳しいんで、これでいいんだぁ・・・」

そして今回。大会直前にもう一度聞いてみた。

ママ 「背番号は何番がいい?」

愚息 「・・・・・・10番・・・

ママ 「ん?何?!・・・・」

愚息 「10番!

今大会前の何試合かを参戦していたなかで、息子の気持ちの変化があったことは、行動にも現れていた。
今までも何度かファールをもらってPKを何度かもらっていたが、一度も自分でけることは中学校になってからは、ほとんどなくなっていた。そこは私も妻も、少し不満でした。自分でもらったものは自分でしろ!と日本代表の本田の人のまで奪い取るまではどーかと思うけど(笑)。。

で、何試合か前にゴール前でやはりPKをもらいました。どうするかなぁと見ていたら、自分で蹴るじゃないですか、思わすカメラのピントをマニュアルに変えている自分がいました(汗)

結果:ど真ん中で得点にはなりませんでしたが、私はよく蹴った!とすごく満足な気持ちでした。その気持が最後に力になる、、と。



話を戻しましょう、後半も15分過ぎてました。1点勝負かぁと思い始めてた時、バックスN君からのボールは、愚息2号を飛び越えキーパー前に少し左にそれて大きくバウンドしました。そこへよ~くボールを見て、落ちどころを考えて体が対応できた2号、渾身の左足のシュート。今まで見たどのシュートの中でも一番高度なシュートだと思います。思わず涙がこぼれそうになりました。愚息2号も力が入っていたようで、何時になく体全体でセンターサークルへ戻って仲間たちと喜びあってました。

_ASC1406.jpg


渾身の一発。

DSC01422.jpg


その後K君が(ほんとにKばっか)2点目をダメ押しで入れての勝利。前半戦の鬼門の一戦をものにしました。

2:0で勝利。 3戦3勝。 得失点+9。Dリーグのは現在トップ。

次回30日に予選リーグ最終2試合。出来れば全勝での1位抜けが一番望ましい。いまいち調子が上がらない静●学園の最終戦がホントの勝負。

大いに期待したい!


関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply