FC2ブログ

最後の時....

そして朝2回めの看護婦さんがきたとき、やっぱり血圧が測れない・・・・・心電図も弱いと・・・ん、『やばい!』 母にすぐ電話をしたがつながらない! 奥さんとも・・・・繋がったー「今どこ?」「病院の駐車場っ!!」「早く上がってきてー」人の最後は、そのひとの人生によって違うのかどうかわかりませんが、穏やかに安らかに天国へいけた気がします。その後はもう、葬儀屋さんと親族との連絡、言われるまま、なすがままお葬...

最後の時...

病院へついて父の様子は、こちらの声にも反応はしてくれない、手をにぎってもにぎりかえしてはくれない。4ヶ月ぶりの父は少し小さくなって見えた。2日間の走行で疲労もあったので、一度実家に帰ってみたら、病院の母から連絡が「いつどうなるかわからんから病院にいてほしい」と看護婦さんから言われたようだ。結局とんぼ返りしてその日は病室に母、私、奥さんと父と4人で朝を迎えた。父も落ち着いていたようなので、朝早く母と...

最後の時..

夕方の時点で、ネットで検索、JR西日本全線、西日本高速も、四国に渡る橋も全滅、空路も全部欠航・・・・でも向かうしかない、夕方から奥さんと二人で車で西へ。深夜1時頃神戸まではたどり着いた。ここで一旦休止。朝を待とう・・・翌朝、淡路大橋は通過可能になっていたので前進。四国に入っても高速道路あちらこちらで通れず、半分くらい下道で。後1時間くらいでつくだろう大洲市内を走って愕然とした、町の中心街が水は引いて...

最後のとき.

2月には母の事の方が心配で、病院の泊り込みを変わるために帰省。母を説得しに行ったのだが「断固としておとうさんのそばにいる」と子供の言うことは聞かない。わかってはいたけど・・・キツい。。。胃瘻の処置をして、小康状態のまま5月も過ぎて、6月にはお見舞いいきたいと思いつつ、7月第2週にやっと予定した。その丁度1周間前の土曜日、床屋で散髪中私の携帯に病院からの直電。「おかあさまと連絡がとれません・・、おと...

最後のとき

2018年7月9日月曜日9時17分 父が亡くなった。享年85才・・始まりは、んーーーだんだんだけど父の痴呆がすすんだあたりからカウントダウンは始まっていたのかもしれない。昨年(2017年)末に父が肺炎をこじらせて入院したときから始まる。肺に炎症があり、痰がなかなかとれないということもあり、急遽入院となった。が、その頃からモノを飲み込みがなかなか出来ない嚥下困難になったようだ。急遽 年末年始を田舎(...

やってらんない

色々あって今本州にいません。今日中にアパート着くかもわかりません。疲れました。昼間から飲んでます。...